• 記憶に残したい風景VOL.1 聖コロマン教会(ドイツ)
    [聖コロマン教会(ドイツ)]
    白鳥城が彼方に見える緑の大地に、ぽつねんと立つ聖コロマン教会。
    多くの人が思う「ヨーロッパらしい風景」そのものです。
    玉ねぎが載ったような塔に赤茶の屋根と白い聖堂。
    はじめて見るのに、なぜか懐かしく感じる人もいるかもしれません。
    春からは新緑、秋には黄葉。冬景色も美しく、四季の自然のなかで出会えます。
    ちょっと旅の途中で立寄りたいものです。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.2 コッヘム城(ドイツ)
    [コッヘム城]
    「ライヒスブルク(帝国城)」と呼ばれるこの城は11世紀頃に基礎が
    築かれて以来、神聖ローマ皇帝、トリアー大司教と城主を変え、
    17世紀にはフランス軍によって破壊されました。
    19世紀に貴族により修復され、今に至っています。
    夏の新緑、秋の黄葉のどちらも美しい眺めを見せてくれて、
    ここで起きた歴史的な出来事を偲ばせます。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.3 マウントクック(ニュージーランド)
    [マウントクック(ニュージーランド)]
    「白い雲のたなびく国」ニュージーランドの最高峰マウントクック。
    その白い頂は先住民マオリから「霊峰」と崇められてきました。
    エベレスト初登頂を成し遂げたヒラリー卿が、
    若き日に登頂を果たしたことでも知られています。
    天候に恵まれれば、タスマン氷河も眺める遊覧飛行もおすすめです。
    多彩に眺望をお楽しみください。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.4 バガン遺跡(ミャンマー)
    [バガン遺跡(ミャンマー)]
    民主化が進んで、なにかと明るい話題の多いミャンマー。
    世界中からビジネスマンも集まって、街には活気があります。
    しかし、郊外へ行くと、昔ながらの生活に出会います。
    厚い仏教信仰を持った人々は、日々敬虔に過ごしています。
    でも、子どもたちの笑顔は明るさいっぱい。
    つい、こちらも笑顔となります。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.5 マチュピチュ(ペルー)
    [マチュピチュ(ペルー)]
    「日本人の好きな世界遺産ナンバーワン」にも選ばれている、
    「空中都市」マチュピチュ。その発見には、世界中が驚きました。
    「謎の都市ビルカバンバ」だと言われ、
    膨大な黄金が近くに埋葬されているとも囁かれました。
    しかし、今はリャマが彼方を見つめています。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.6 ポルトのポートワイン(ポルトガル)
    [ポルトのポートワイン(ポルトガル)]
    国名縁りの地で、リスボンよりもポルトガルを感じさせる都市ポルト。
    家並みとルイス橋、ドゥロ河と風情も豊か。薫り豊かなポートワインも。
    最高級品は驚くほどの銘酒となっています。
    ぜひ、その薫りと味わいを試していただきたいものです。
    ポルトガルの歴史も偲べます。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.7 プファルツ城(ライン河古城渓谷)
    [プファルツ城(ライン河古城渓谷)]
    ライン河古城渓谷では、目や顔をあちこちに忙しく動かすことになります。
    右や左には古城がずらり。このなかでも目立つ城のひとつが、
    河なかにある可愛らしいプファルツ城。
    はじめての訪問では、忘れがたい姿になることでしょう。
    心から楽しい気分とともに。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.8 アンコール遺跡の浮彫・彫像
    [アンコール遺跡の浮彫・彫像]
    アンコール遺跡の壮大さ、また植物と同化した不思議な造形を見て、
    次に驚くのが、微細な部分まで素晴らしい浮彫と彫像です。
    まるで今にも動き出しそうなもの、
    また謎めいた微笑みを浮かべているものなど、
    次々に現れ、見飽きません。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.9 イタリアで、出会いたいのは...
    [イタリアで、出会いたいのは...]
    古代ローマからの歴史が残るイタリアの魅力は、驚くほどに多彩です。
    高貴なものから、雑駁なものまで、本当になんでもあります。
    そんなイタリアで、出会いたいのは、
    実は、生き生きと日々を過ごす人々。
    その出会いこそが、イタリアの魅力。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.10 カタルーニャが生んだ、天才の息吹を

    グエル公園

    [カタルーニャが生んだ、天才の息吹を]
    ピカソ、ダリ、カザルス...多くの天才を生み出したカタルーニャ。
    中心都市バルセロナには、独特の華やかさが感じられ、
    陽気な人々との楽しい出会いがあります。
    もちろんサグラダ・ファミリアをはじめ、
    ガウディの「生物のような」建築物も
    あちこちで見られます。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.11 スイスの癒しの音
    [スイスの癒しの音]
    小鳥の声で目覚め、カウベルの音に癒される。
    そんな一日がはじまるのもスイスです。
    見上げるような白銀の峰々だけがすべてではなく、
    生き物たちがのどかに暮らし、緑の牧草地では牛が草を食む国。
    爽やかな風吹く穏やかな日和、
    カランコロンとカウベルが鳴ります。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.12 英国人が家へ帰るとき

    コッツウォルズ地方

    [英国人が家へ帰るとき]
    「家へ帰る」というときに、なんらかの郷愁を感じる、
    という人は少なくないと思います。
    英国人の場合、「家」への思いいれは特別です。
    特に晩年のために得た家には、生涯の思いがつまっています。
    「帰ったよ」と言いながら、
    心の底から温まる家を持ちたいものです。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.13 移りゆく河岸の景色

    モーゼル河畔

    [移りゆく河岸の景色]
    河の船旅は、常に河岸の景色が移り過ぎていきます。
    客室から、デッキから、ラウンジから。
    お茶のカップを片手に過ごす時間もまた、
    河の船旅の醍醐味のひとつです。
    家々の様子を見ると、暮らしの様子も垣間見えそう。
    地元の人たちと手を振りあうこともあります。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.14 どれだけ時代が変わっても

    パリ モンマルトル・テルトル広場

    [どれだけ時代が変わっても]
    今ではすっかりデジタル時代。
    いろいろなものの移り変わりに戸惑う、という人も少なくないでしょう。
    しかし、ヨーロッパでは頑固に変わらない、事物事象とあちこちで出あいます。
    モンマルトルの賑わいもそのひとつです。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.15 街のフルーツ売り

    フエ(ベトナム)

    [街のフルーツ売り]
    かごに売りたい果物を積んで、
    編み笠で街なかを行くフルーツ売りの女性たち。
    並べ方は人それぞれ。
    何人も見ていると、その上手下手も分かってきます。
    並べるのを楽しんで、
    笑顔で売る人が上手なようです。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.16 笑顔がいちばん

    「エレンバラ・パーク」
    イングランド チェルトナム

    [笑顔がいちばん]
    「素晴らしいホテル」とはどんなホテルなのでしょう。
    豪華絢爛な内装、歴史と伝統の風格。
    広々としたスペースと最新の設備・・・
    いえ、なによりまずスタッフの心からの笑顔でしょう。
    すがすがしい笑顔と出あうとその都度、
    来て良かったと心が躍ります。

    もとのページに戻る

  • 記憶に残したい風景VOL.17 ふたつの流れが出あう場所

    ドイチェスエック(コブレンツ・ドイツ)

    [ふたつの流れが出あう場所]
    ライン河からモーゼル河へ。合流点のドイチェスエック(ドイツの角)で、
    船はエンジン音を響かせながら大きく向きを変え、進んでいきます。
    河岸に広がるブドウ畑。昔ながらのドイツの田舎町。
    誰かと出会って、新しい喜びが生まれるように、
    ふたつの流れが出あうこの場所から、
    また新たな旅に出るような胸の高鳴りがはじまるのです。

    もとのページに戻る

  • 最新発表ツアー 最新TOPICS

    話題のスポットなどをご案内

  • セレナーデ号

    人気のヨーロッパ 河の船旅

  • 記憶に残したい風景

    こころに残る景色をご紹介

  • メールマガジン

    毎月2回配信 最新ツアー情報等

  • skynews

    毎月1日発行 新規読者募集中

  • 旅の便利帳

    旅のコラム・お役立ちリンク